読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

『いい人』、やめませんか??

自己啓発 僕の自己啓発本
この記事をシェアする

『自己無価値観を持つ理由の第二は、

代償的自己を生きている人が他者に隷従しているからです。

あちらでもこちらでも、気にいられるように、

他の人の気分を害さないようにと、

周囲の人の感情を中心にして行動しているのですから、

自分は他の人ほどの価値はないと

感じられるのは当然のことです。』

 

(中略)

 

『本来の自己価値観とは、無条件性のものです。

自分の能力や容貌が劣っていようと、

未熟だろうと、現在のあるがままの自分が

受け入れられ、歓迎されているという実感です。

ですから、「いま、ここ」の自分でいられるのであり、

自分の存在自体を信頼できるのです。』

 

(中略)

 

『「偽りの自分」がいくら立派なことを成し遂げても、

それは自分ではないのですから、

「本当の自分」への自信にはつながりません。

だから、客観的に有能であっても、根底は自身欠如の状態なのです。

 

(中略)

 

『根源的な自信とは、

自分の存在そのものを信頼するということです。

つまり、自己信頼です。』

 

 

 

こんばんは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

この文章は、心理学者の根本橘雄さんの

 

『いい人に見られたい症候群』

f:id:yk6hiop:20161106155704j:plain

 

という本の一文です。

 

 

 

この一文にはすごく大切なことが

散りばめられています。

 

 

 

僕自身。根本さんが言う、

 

 

『代償的自己』

f:id:yk6hiop:20161106155800j:plain

 

をずっと生きていました。

 

 

要するに。

 

 

 

『人の顔色を窺って生きてきた』

f:id:yk6hiop:20161106155909j:plain

 

 

んです。

 

 

 

 

 

そうして、誰かに認められるため、

誰かに褒められるために、

誰かに必要とされるために、

 

 

 

必死に人にへりくだって生きていました。

 

 

 

昔は。

 

 

 

 

僕は自分のことが嫌いで、

内面も外見も嫌いだったので、

 

 

『自分の全てが悪』

『周りの全てが善』

 

 

そういう倫理観の基で生きてきました。

 

 

だから。

 

 

 

30歳になるまで、まともな恋人も友達もできませんでした。

 

 

 

何より。

 

人生、楽しくなかったんです。

 

 

あなたはそんな人生送っていませんか??

 

 

 

つまり。

 

 

 

『他人の顔色を窺って』

『他人の機嫌を気にして』

 

『他人に認められようと必死で』

『他人に嫌われないように必死で』

 

 

 

そんな人生、送っていませんか??

 

 

 

 

『自分を愛する』

f:id:yk6hiop:20161106160033j:plain

 

と言う言葉はよく聴く言葉ですが、

そんなカンタンにできるものではありません。

 

 

僕自身。

 

 

何回、

 

 

 

『もっと自分に自信を持てよ。』

 

 

と言われました。

 

でも、そんなカンタンに自信が持てるんだったら、

誰も苦労しません。

 

 

 

『今日から俺は自信を持った人間に生まれ変わるんだ!!』

 

 

なーんて、言っても、

現実はそうもいかず。

 

 

 

『今日から生まれ変わるんだ!!』

 

 

そう思った日に、決まって、ミスしたりして凹む。

 

 

 

そんな人生を歩んでいました。

 

 

 

だから何を行動するにも、

常にへっぴり腰でした。

 

 

 

でも。

 

 

本当は、根本さんが言っているように、

 

 

『いま、ここ』

f:id:yk6hiop:20161106160300j:plain

 

にスポットを充てて、

目の前の出来事を慈しむくらいの気持ちが必要なんです。

 

 

 

僕は、この根本さんの本を読んで、

衝撃を覚えました。

 

 

今まで、それまで。

 

 

『自分を否定することでしか生きられなかった人生』

 

 

を真っ向から否定されたような。

そんな衝撃を覚えた本でした。

 

 

 

『僕は僕のままでいていいんだ』

 

 

 

そう、思えるようになりました。

 

 

 

 

前回ご紹介した、

『勝ち続ける意志力』

 

参考記事⇓

 

www.hachioji.top

 

 

 

 

でも書きましたが、

それ一回で人生がまるっきり変わった。

 

 

なんてことはありませんでした。

結局迫りくる現実に、何度も何度も打ちのめされました。

 

 

 

それでも。

 

 

 

全てが繋がった今。

 

 

この本で受け取った学びが、

礎となって、今の僕を形成しています。

 

 

 

 

あなたがもし。

 

 

『自分に価値を感じられない』

『他人の顔色を窺ってしまう』

f:id:yk6hiop:20161106160450j:plain

 

 

というのであれば、

 

『いま、ここ』

f:id:yk6hiop:20161106160508j:plain

 

にスポットを充ててみてください。

 

 

 

他人は関係なく。

 

 

 

『自分で自分を愛する行動』

 

 

を取ってみてください。

 

 

 

具体的には。

 

 

 

『嫌いなら嫌いのままで行動してみること』

f:id:yk6hiop:20161106160547j:plain

 

が大切なんです。

 

 

 

 

『自分には自信がないから』

 

『自分は要領が悪いから』

 

 

 

そうやって、スタートを切るのを先延ばしにしていたら、

一向に、何も変わりません。

 

 

 

『嫌いなら嫌いのままで』

 

『自信がないなら自信がないままで』

 

 

『要領悪いなら要領悪いままで』

 

 

 

進んでいく、

 

 

『覚悟』と『決意』

f:id:yk6hiop:20161106160618j:plain

 

があなたを大きく飛躍させてくれます。

 

 

 

 

ありのままの自分を全て受け止めて、

 

 

『いま、ここ』

 

 

を生きる。

 

 

それがあなたを大きく飛躍、成長させてくれて、

自分を愛する、自分に自信を持つ鍵となります。

 

 

 

 

『いま、ここ』を生きる。

『ありのままの自分』を愛する。

 

 

 

ぜひその先にある未来に向かって、突き進んでみてください(^^)

 

 

 

この本は、本当にオススメです。

特に。『代償的自己』を生きている方には、

絶対に一度は読んで頂きたい本です。

 

 

 

「いい人に見られたい」症候群―代償的自己を生きる (文春新書)

「いい人に見られたい」症候群―代償的自己を生きる (文春新書)

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

感想、ご質問等がございましたら、

お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

 

 

無料メルマガの登録はこちらをクリックしてください(^^)

 

⇒  【宇宙の逆転】~Turn over universe~

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約