読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

【失敗の法則②】

この記事をシェアする

こんにちは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

先ほどの投稿の続きを書きます。

 

 

先ほどの投稿はこちらからどうぞ(^^)

 

 

www.hachioji.top

 

 

 

 

『失敗は成功の母』

 

 

 

 

 

という言葉を捉え違えて、

僕は、

 

 

 

『失敗しても続けてさえいればいつかは成功する』

 

 

と考えていました。

 

 

 

あるところでは、それは正しいと言えますが、

ただ、

 

 

『失敗を恐れて仕事をする』

 

 

と、成功する引き寄せは、

 

 

『次の失敗』

 

 

なんです。

 

 

 

僕は見事に、

 

 

『失敗しないように』

 

 

仕事をして、

 

 

『次の失敗』

 

 

を引き寄せることに成功していました。

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどうですか??

 

 

 

 

『失敗しないように』

 

 

 

行動したり、仕事をしたりして、

 

 

 

『次の失敗』

 

 

 

を引き寄せてはいませんか??

 

 

 

 

そうして繰り返される、

 

 

 

『失敗のスパイラル』

 

 

 

に嫌気が差して、

 

 

『なんで自分だけこんな目に合わなきゃならないんだ!!』

 

 

 

と、いら立ったりしたこと、ありませんか??

 

 

僕は完全にこのタイプでした。

 

 

『俺は神様に嫌われてんのかな??』

 

 

 

って、何度も何度も思っていました。

 

 

 

『どうして俺ばっかりこんな目に合わなきゃならないんだ。』

 

 

そう、何度も何度も思っていました。

 

 

でもそれは違ったんです。

 

 

僕は見事に、

 

 

『成功していた』

 

 

んです。

 

 

 

『失敗の成功』

 

 

 

をしていたんです。

 

 

 

『失敗しないように仕事をしていた』

 

ことによって、見事に、

 

 

 

『次の失敗を引き寄せる』

 

ことに成功していました。

 

 

 

 

 

大事なのは、

 

 

 

『成功するつもりで失敗すること』

 

 

なんです。

 

 

 

僕はそれまでのうだつの上がらない人生。

 

 

 

 

真っ暗なトンネルの中を歩き続けるような人生を変えるために、

 

 

 

 

29歳頃、

自分がいる環境から飛び出していきました。

 

 

 

仕事をやめたとか、

付き合いを捨てたとかではなくて。

 

今の環境は今の環境で。

 

 

それとは別の環境で、

学びや出会いを求めに行ったんです。

 

 

 

 

僕はそれまで、特にコミュニケーションが得意なワケでもなんでもありませんでした。

 

 

むしろ人付き合いは苦手な方でした。

 

 

 

だから。

 

 

 

同じ環境に留まって、

その中でいかに自分を変えるか。

 

 

 

ということを考えながら

生きていました。

 

 

そのため、すごく狭い視野での

考え方しかできなかったんです。

 

 

一つの環境の中にいて、

その中で自分を変えようと必死でした。

 

 

 

それは逆を言えば、

 

 

 

『今いる環境から飛び出していく』

 

 

のを恐れていたんです。

 

 

 

だから、僕は根本的には変わりませんでした。

 

 

いっくら自己啓発本を読んでも、

人にアドバイスをもらっても、

全然変わりませんでした。

 

 

 

そんな状態から、

29歳になって、初めて、

いろんな環境に飛び出していくのは、

 

 

 

すごく勇気のいることでした。

 

 

 

でも。

 

 

それでも、

 

 

『自分を変えたかった』

 

 

んです。

 

 

このまま、この環境で、

仕事をして、

 

 

 

その当時は、

有名喫茶店チェーンの店長をやっていました。

 

 

 

 

そのままでその環境の中で

仕事をして生きていて、

 

 

 

人生を終わらせて何になる。

 

 

 

そう思って、

僕は環境を飛び出す決意をしました。

 

 

 

その時のことは今でも覚えています。

 

 

 

そうして。

 

 

 

ネットで色んなセミナーやら、

勉強会やら、ビジネス交流会やらを

検索して、様々なイベントに参加してきました。

 

 

全て、

 

 

 

『自分を変える』

 

 

ために。

 

 

 

何度も、失敗しました。

痛い目に遭いました。

 

 

それでも、

 

 

 

『絶対に自分を変える』

 

 

 

という強い意志のものと、

 

 

 

『失敗を繰り返しました。』

 

 

 

 

そうすると。

 

 

不思議なことに、

今までどれだけ自己啓発本を読んでも変わらなかった自分が、

 

 

少しずつ変わっていきました。

 

自分でもわかるくらいコミュニケーション能力が、

ついてきて、少しずつ、自分が変わっていくのがわかりました。

 

 

同時に、

 

 

仲間や友達、恋人も出来ました。

 

 

 

今まで暗い顔して生きていて、

 

 

 

『ずっとこのまま同じ人生が続くのかな』

 

 

 

と思っていた毎日が

少しずつなくなり、

 

 

 

 

『笑顔』

 

 

で生きられるようになりました。

 

 

今では、僕は自分の夢に向かって、

ひたすら全力で楽しみながら、

生きる毎日を送っています。

 

 

 

 

それも全て。

 

 

 

『成功するつもりで失敗してきた』

 

 

からでした。

 

 

 

『成功するつもりで失敗』

 

をすると、それは未来に繋がる、

 

 

 

『大事な財産』

 

 

になります。

 

 

成功すれば、『資産』

になります。

 

 

 

 

大事なことは、

 

 

『成功するつもりで失敗すること』

 

 

 

なんです。

 

 

成功すれば儲けものくらいに考えて。

 

 

 

僕の場合は、

 

 

『自分を変えるために』

 

 

 

『成功するつもりで失敗』

 

してきました。

 

 

 

が。

 

 

 

何に関しても同じです。

 

 

仕事においても、

人付き合いにおいても。

 

 

 

 

『成功するつもりで失敗』

 

 

することで、

人生は、道が開けてきます。

 

 

 

そレが本当の意味での、

 

 

 

『失敗は成功の母』

 

 

 

という意味なんです。

 

 

 

あなたは、

 

 

 

『失敗しないように行動、仕事』

 

 

していませんか??

 

 

 

 

引き寄せは成功します。

 

 

 

『失敗しないように、行動、仕事』

 

 

 

をしていると、

 

 

 

『次の失敗を引き寄せる』

 

 

ことになります。

 

 

『失敗の成功』

 

 

です。

 

 

だからこそ。

 

 

 

本当の意味での、

 

 

 

『成功』

 

 

を求めるのであれば、

 

 

 

 

『成功するつもりで失敗』

 

 

 

することが大切なんです。

 

 

 

それが、本当の意味での、

 

 

 

『成功』

 

 

 

をもたらすことになります。

 

 

 

僕はこの辺のことを、

このオーディオセミナーから学びました。

 

 

 

セルフイメージを書き換え、現実を変えるオーディオセミナー、【Make Yourself Active ~行動する自分を創る~】引き寄せの法則、超実践的メソッド!
 
 

 
 
 
 
 
『失敗は成功の母』
 
 
 
これを本当の意味で現実に反映させるためにも、
 
 
 
 
『成功するつもりで失敗する』
 
 
 
このことをぜひ意識してやってみてください。
 
 
 
きっと現実がみるみる変わっていきますよ(^^)
 
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 
 

ブログでは語れないようなより、

深い内容を語っていきます。

 

 

 

無料メルマガの登録はこちらからどうぞ(^^)

 

⇒   https://maroon-ex.jp/fx40318/GN5ms5

 

ぜひお気軽に登録してくださいね(^^)
当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約