読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

『すれ違い』で終わるその前に。

この記事をシェアする

こんばんは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

今日は、

 

 

『すれ違い』

f:id:yk6hiop:20161117072959j:plain

 

について投稿します。

 

 

人間関係においての、

『すれ違い』

 

は、色々な原因はあれど、

 

 

『好意の勘違い』

f:id:yk6hiop:20161117073210j:plain

 

というのが一つあります。

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、

 

 

『好意の勘違い』

 

 

していませんか??

 

 

 

 

すごくシンプルに言えば、

 

 

『自分が良かれと思っていることが実は相手を苦しめている』

f:id:yk6hiop:20161117073302j:plain

 

 

ということです。

 

 

 

 

『君を傷つけたくないんだ』

f:id:yk6hiop:20161117073352j:plain

 

 

 

きざな、よく聴くセリフですね。

一見この言葉。

 

 

良い言葉のように思えますが、

時にこの言葉が相手を傷つけることすらあります。

 

それが知り合って間もない人からのセリフとかであれば、

 

 

『良い人だな』

 

 

という印象を与えるかもしれません。

 

 

でも、そうした言葉をあまりにもクドクドと言われると、

 

 

 

『そんな体の良いセリフじゃなくて本音を話してよ!!』

 

 

と思われてしまいます。

 

 

 

実際。

 

僕も最初に付き合った彼女からは、

よくこのようなことを言われていました。

 

 

 

僕は昔から、今はどうかわかりませんが(笑)

結構、体裁を取り繕ったような言葉を、

大真面目に言っていたので、

 

 

『そんなこと聴いてるんじゃなくて、

ちゃんとホントのこと言ってよ!!』

 

 

とよく言われていました。

 

 

でも、相手を傷つけたくないので、

それすらも体の良いセリフでごまかしていました。

 

 

 

結局それは、

 

 

 

 

『自分が傷つきたくない』

f:id:yk6hiop:20161117073506j:plain

 

 

という思いの裏返しでしかなかったんでですけど。

 

 

 

 

だから。

 

とにかく。

 

 

 

 

『好意』

 

 

つまり、

 

 

『善かれ』と思っていることが、

実は相手を傷つけている。

 

なんてことがよくあります。

 

 

 

 

 

僕は子供の頃。

 

 

 

離婚した父親から誕生日に、

 

 

『お金』

 

 

をもらってました。

 

 

父としては、

 

 

『これで好きなモノを買いなさい』

 

 

という意味だったんだと思います。

その方が、下手なモノを選ぶよりもいいと

思ったのかもしれません。

 

 

 

まぁ。

 

 

誕生日プレゼントをもらえない人も大勢いると思うので、

もらえているだけマシでしたし、

 

 

 

それはそれで感謝はしています。

 

 

 

感謝していますが、

 

 

 

本音言うと、

 

 

普通の家庭みたく、

 

 

『プレゼント』

 

 

をもらいたかった、というのがあります。

 

 

 

まぁ。

 

 

プレゼントをもらったら、もらったで、

 

 

『欲しくもないものをもらうくらいなら、

お金もらう方がいいな。』

 

 

 

なんて思うのかもしれませんが(笑)

 

 

 

とにかく。

 

 

 

ありがたかったことに変わりはないんですけど、

本音いうと、『プレゼント』というものを

一回くらいはもらってみたかった、というのがあります。

 

 

いずれにしても。

 

 

 

 

 

 

あなたが、

 

 

『善かれ』

 

 

 

と思っていることが実は

相手を傷つけていたり、

苦しめてたりする可能性があるんです。

 

 

 

 

 

 

『好意の勘違い』

f:id:yk6hiop:20161117073640j:plain

 

 

 

 

『すれ違い』

f:id:yk6hiop:20161117073700j:plain

 

『ボタンの掛け違い』

f:id:yk6hiop:20161117073725p:plain

 

 

を生じることがあります。

 

 

 

 

 

 

だからこそ。

 

 

 

『好意』

 

 

っていうのは、一方的な

 

 

『思い込み』

 

 

で与えるんじゃなくて、

相手のことをきちんと理解した上で、

 

 

 

『相手が望んでいるものを提供する』

f:id:yk6hiop:20161117073825j:plain

 

 

ことが大切なんです。

 

 

 

 

PSPが欲しい人に、

ニンテンドーDSをプレゼントしても喜ばれないように、

f:id:yk6hiop:20161117073913j:plain

 

 

『相手が欲しい』と思っているものをきちんと

認識して、それを、もしくはそれに近いものを、

相手に提供してあげることが大切なんです。

 

 

 

PSPが欲しい人には、

PSPをプレゼントしてあげることが大切なんです。

 

f:id:yk6hiop:20161117073925j:plain

 

 

 

で。

 

 

 

更に論を深めると。

 

 

 

『相手の望んでいるもの』

 

 

を知るためには、

普段の会話から、以下の2つの意識を持つことです。

 

 

 

  1. 相手を楽しませること

  2. 情報を集めること

 

 

普段の会話をこの2点に集中していれば、

相手の欲しがっているものを、

 

 

相手が望んでいるもの、

欲しているものを、

 

 

さっと自然に出すことができるんです。

 

 

 

この2つ。

 

 

どちらも欠けていてはダメなんです。

 

 

 

 

いくら普段の会話で相手の情報を集めていたとしても、

楽しませようという意識がなければ、

 

 

さりげなく相手の望んでいるものを出したとしても、

 

 

 

『何か裏があるんじゃないかしら・・・』

f:id:yk6hiop:20161117074043j:plain

 

と勘繰らせることになります。

 

 

 

 

反対に、普段の会話で相手を楽しませることを

意識していたとしても、情報を集めていなければ、

プレゼントを渡したときに、

 

 

『ありがとう!!(でも、ホントはこれ欲しくはないんだけどな(笑))』

f:id:yk6hiop:20161117074359j:plain

 

 

のような、

 

 

 

『カッコ付きのありがとう』

 

 

 

になってしまいます。

 

 

 

普段の会話から、

 

 

 

 

  1. 相手を楽しませること

  2. 情報を集めること

 

 

 

 

 

に意識をしていれば、

自然に相手の喜ぶものを提供できるようになります。

 

 

 

 

それが、

 

 

『すれ違い』

 

 

を避けるために、

 

 

 

『好意の勘違い』

 

 

を避けるために重要なことになります。

 

 

 

 

 

『好意の勘違い』

『すれ違い』

 

 

を避けるためにも、

普段の会話から、きちんと、

 

 

 

 

  1. 相手を楽しませること

  2. 情報を集めること

 

 

 

を意識して、相手と良好な関係を

築いていきたいものですね(^^)

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

 

より深い内容を知りたい方は、

こちらの無料メルマガに登録してくださいね(^^)

 

 

⇒  https://maroon-ex.jp/fx40318/GN5ms5

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約