読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

キーワードの種類と探し方

SEO・ブログ
この記事をシェアする

こんにちは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

今日は、

 

 

『キーワードの種類と探し方』

f:id:yk6hiop:20161116063825j:plain

 

 

について投稿します。

 

 

先ほどの投稿はこちらからどうぞ(^^)

 

www.hachioji.top

 

 

 

 

関連キーワードで検索者のニーズを探る時には、

悩み系のワードで検索する時は、

 

 

『アクションのキーワードを含む』

 

 

ことが重要です。

 

 

 

例えば、

 

 

『楽天カード』

 

 

のニーズを探るのであれば、

ただ、

 

 

 

『楽天カード』

 

 

と検索するのではなくて、

 

 

『楽天カード 申し込み』

 

 

 

と入れます。

 

 

 

そうすることによって、より深い

部分でのニーズを探ることができます。

 

 

 

ただ。

 

 

 

それは少し先の話です。

 

 

 

一番良いのは、

 

商品名、作者名、会社名で、

検索してニーズを探ることです。

 

 

例えば

 

 

『スピードラーニング エスプリライン』

 

 

 

と言った感じです。

 

 

ただ、これだけだと、

ライバルが多すぎて、上位を狙うキーワード選定、

クリック率を狙うキーワード選定が難しくなってしまうので、

 

 

関連キーワード込みのワードで検索する必要があります。

 

 

スピードラーニングの例で言えば、

 

 

 

『スピードラーニング 申し込み方』

 

 

などと言った方法です。

 

 

 

 

 

また、これらの関連キーワードを探るために、

 

 

 

キーワードツール

keywordtool.io

 

 

 

を使います。

これを使うことで、検索キーワードの候補を出していくことができます。

 

 

 

 

そこで出したキーワードを、

 

google adwords

 

https://adwords.google.com/KeywordPlanner#start

 

 

で検索上位にあるワードを意識したり、

検索数を意識したりします。

 

 

この2つのツールを使いつつ、

 

 

『商品名・会社名・作者名』

 

 

をベースに、関連キーワードで検索をかければ、

 

 

 

OATHの法則で言うところの、

 

 

thinking

hurting

 

 

のニーズを探りやすくなります。

 

 

ぜひ試してみてくださいね(^^)

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

より深く知りたい方は、こちらの無料メルマガを

登録してください(^^)

 

 

⇒  https://maroon-ex.jp/fx40318/GN5ms5

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約