読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

『マナー違反が笑われる日』

この記事をシェアする

こんばんは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

今日は、

 

 

『マナーは笑われない』

f:id:yk6hiop:20161226082430j:plain

 

と言う投稿をします。

 

 

あなたは、

 

『マナー』

f:id:yk6hiop:20161226082504j:plain

って重要視していますか??

 

 

ついつい、疎かにしてしまいがちな、

『マナー』。

 

 

でも、これって、人として生きる上では、

とっても大切なことですよね。

 

 

例えば、飲食店での片付け。

 

 

 

僕は飲食店の店長でした。

 

 

そして、基本、セルフサービスの店内だったので、

自分で注文したものを、自分で持ち運んで、

自分で片づける。というのが、

 

 

『マナー』

 

 

です。

 

 

 

 

ただ。

 

 

 

『ルール』

 

 

ではないので、当然、片付けないで、

帰ってしまうお客様もいました。

 

 

 

ただ。

 

 

 

もちろん、それを禁止にすることはできないので、

僕やアルバイトスタッフが片付けていました。

 

 

その時は、店長として、当然。

仕事としてやっていたんですけど、

 

 

今。

 

 

 

店長職を離れて思うことは、

 

 

『そうしたマナーを守ることも大切』

 

 

ということです。

 

 

 

未だに。

 

 

セルフの店内で、食べたものを片付けないで

帰る人が多くいます。

 

別に当然、それは悪いことではありません。

 

 

もしかしたら、気付いていないだけかもしれません。

 

 

 

もっと言えば、

 

 

道端にゴミを捨てたり

タバコを捨てたりする行為。

 

 

 

もちろん。

 

 

法律で禁じられている行為なので、

 

 

『ルール』

 

 

ではあるのですが、

そんなルール。

 

 

あってないようなものなので、

 

 

『マナー』

 

 

に入るのではないかと思います。

 

 

 

いずれにしても。

 

 

済んだお皿を片付けない(セルフサービスの店で)

ゴミを道端に捨てる。

タバコをポイ捨てする。

 

 

 

どちらも、

 

『他人が迷惑する行為』

f:id:yk6hiop:20161226082619j:plain

 

です。

 

 

なぜ。

 

 

 

『他人が迷惑をする』

 

 

とわかっていても、

マナーを守らない人が多いんでしょうか。

 

 

 

車の交通ルールは守るのに。

 

 

 

 

電車待ちの列の横入りなんかも、

マナー違反ですよね。

 

 

 

ひとつは、

 

 

『罰則があるかどうか』

f:id:yk6hiop:20161226082715j:plain

 

 

というのはあると思います。

 

 

 

罰則があると、それを恐れて、

ルールを守るようになります。

 

 

厳密には、道端にゴミを捨てたり、

タバコを捨てたりするのも罰則はありますが、

特定が非常に難しいルールです。

 

 

 

そして。もう一つ。

 

 

 

 

『誰かに笑われないか』

f:id:yk6hiop:20161226082754j:plain

 

ということもあります。

 

 

学校や、会社で、何かルールに反したことをしたりすると、

上司や先生から怒られるのも怖いのですが、

 

 

『周りのみんなに笑われる』

f:id:yk6hiop:20161226082857j:plain

 

というのも一つの恐怖になります。

 

 

 

 

僕なんかも結構、多かったのですが、

学校での授業中。先生が、

 

 

『この問題わかる人??』

 

 

と質問したのに対して、

勇気を出して手を挙げて、

 

 

その答えがあまりにも的外れだと、

クラスのみんなに笑われる。

 

 

 

だから。

 

 

怖くなって手を挙げられなくなる。

 

 

という悪循環が起こります。

 

 

 

これを読んでくれているあなたにも、

多かれ少なかれ、似たような経験があるんじゃないかと思います。

 

 

 

いずれにしても。

 

 

 

『誰かに笑われるかもしれない』

 

 

 

という恐怖は、人の行動を規制します。

 

 

 

それは、現代社会においてはどちらからというと、

 

 

『マナー』

 

よりも、

 

『ルール』

 

 

 

に寄りがちです。

 

 

 

『あ。あの人、ルール知らないんだ(笑)』

 

 

 

みたいな感じで。

 

 

 

 

今の現代。

 

 

 

『マナー』

 

 

を取り締まるためには、

 

 

『罰則』

 

 

だけでは事足りないんです。

 

 

 

不特定多数の人がやっていることは

特定が難しいから。

 

 

 

だから。

 

 

 

『人から笑われてしまうかもしれない』

f:id:yk6hiop:20161226082936j:plain

 

 

という恐怖で煽るのが本当は、

マナーを正すのに、一番なのかもしれません。

 

 

例えば、道端にゴミを捨てる人がいたら、

 

 

 

『ププ(笑)あの人道端にゴミを捨ててるよ(笑)
「ゴミはゴミ箱に捨てる」っていうのを習ってこなかったのかな??
ダサッ(笑)』

 

 

 

って感じになると、多分、道端にゴミを捨てる人は

かなり減るんじゃないかと思います。

 

 

また。

 

飲食店にしても、済んだお皿を片付けない人がいたら、

 

 

『ププ(笑)あの人済んだお皿を下げずに帰っちゃったよ。
そんなこともできないんだ。ダサッ(笑)』

 

 

 

 

ちょっと表現悪かったかもしれませんが、

罰則のあるルールでは縛れても、

 

『マナー』には罰則がないので、

統一が非常に難しいんです。

 

 

 

でも。

 

 

 

こんな風に、

 

 

『誰かに笑われてしまうかもしれない』

 

 

 

という恐怖があれば、誰だって、

マナーを守りたくなりますよね。

 

 

 

いつか。

 

 

 

『マナー違反が笑われる日』

 

 

が来れば、きっと、世の中、

もっと綺麗になるのかもしれませんね。

 

 

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

感想、ご質問等がございましたら、

 

 

お気軽にコメントをどうぞ(^^)

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約