読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

【弱いと言うことは優しさを知れるということ。】

この記事をシェアする

こんばんは(^^)

八王子ケンジです。

 

今日は、

 

 

【弱いと言うことは優しさを知れるということ。】

f:id:yk6hiop:20161216072156j:plain

 

 

という投稿をします。

 

 

 

『優しさ』については一度、

こちらでも語っているので、

ぜひご覧ください(^^)

 

ameblo.jp

 

 

あなたは、

 

 

『弱い』ですか??

 

f:id:yk6hiop:20161216072429j:plain

 

 

そして、もし、『弱い』と思うのであれば、

その『弱さ』から、自分を恨んではいないですか???

 

 

 

 

『どうして自分はこんなに弱いんだ』

 

 

と。

 

 

 

 

『ナヨナヨしてる』

f:id:yk6hiop:20161216072517j:plain

 

 

これは僕の代名詞でした。

 

 

 

ほんとーに。

 

 

人から、よく、この言葉を言われました。

 

 

 

 

 

『もう、わかってるって・・・』

 

 

 

って言いたくなるくらい、

沢山の人から、

 

 

 

『田中さん(僕の本名)ってナヨナヨしてるよね・・・』

 

 

 

って言われてきました。

 

 

 

そして、この言葉を言われるたびに凹む(笑)

 

 

 

とにかく、弱い自分っていうのが

嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

 

 

 

自分でもよくわかっていたんです。

 

 

 

自分が『弱い』っていうこと。

 

 

精神的にも、弱かったですし、

体外的にも、弱かったです。

 

 

 

 

人に何か言われると、すぐに、

 

 

『しゅん・・・』

f:id:yk6hiop:20161216072645j:plain

 

 

となっていました。

 

 

 

 

 

 

あなたは、

 

 

 

『弱い方』

 

 

 

ですか??

 

 

 

『強い方』

 

 

 

 

ですか??

 

 

 

これまた前の記事で書いたように、

別に明確な基準があるものではありません。

 

 

 

なので、自己判断の部分も大いにありますが、

 

 

 

とにかく。

 

 

僕は、自分でもそう思っていましたし、

他人からも、

 

 

『弱い』

 

 

 

と言われていました。

 

 

そして、そんな運命を呪っていました。

 

 

 

 

『なんで俺はこんな風に生まれてきたんだ』

 

 

 

と。

 

 

 

 

『劣等感』

f:id:yk6hiop:20161216072750j:plain

 

 

というのがとにかく強かったんです。

 

 

 

 

 

 

話が変わりますが、

僕は運転、うまい方です。

 

f:id:yk6hiop:20161216072831j:plain

 

 

僕の運転に乗った人は、

大抵そう言ってくれます。

 

 

 

 

と、言いつつ。

 

 

 

先日、初めて千葉の奥地まで

行った時に、

 

 

 

暗い道で、気付かず、

反対車線を走っていた。

 

 

 

なんてこともありましたが(笑)

 

 

 

大事に至らなくて本当によかったと思います・・・

 

 

 

 

 

 

と。

 

 

まぁ、それは置いておいて(笑)

 

 

 

そういう、たま~にあるミスを除けば(笑)

 

 

『運転うまいね!』

 

 

と、よく言われます。

 

 

 

 

 

僕は確かに、運転に関しては、

人一倍気を遣っている自負があります。

 

 

 

『事故を起こさないように』

 

 

 

というのはもちろんのこと、

 

 

 

 

『ブレーキ』

f:id:yk6hiop:20161216072908j:plain

 

にかなりの気を遣っています。

 

 

 

僕は、

 

 

 

『車酔い』

f:id:yk6hiop:20161216072940j:plain

 

しやすい方なんです。

 

 

 

 

 

車に乗っては、よく、

車酔いしていました。

 

 

でも、気にしいだから、

 

 

 

『ごめん、ちょっと酔った。車停めてくんない??』

 

 

 

 

って、言うことができず。

 

 

 

 

吐きそうなのをグッと堪えて

車に乗っていました。

 

 

運転が荒い人の車に乗ると、

もう最悪ですね(笑)

 

 

 

 

特に、ブレーキが急な人。

 

 

 

っていうのは、気持ち悪くなります。

 

 

 

 

 

 

だからこそ。

 

 

僕自身は、運転する時に、

同乗者に、

 

 

 

『酔わないような運転をする』

 

 

 

っていうのに気を配っています。

 

 

 

僕自身が、車酔いで散々苦しい想いをしてきたから、

だから、同じように。

 

 

僕の運転に乗る人には、

そういう思いをして欲しくない。

 

 

 

という気持ちがあるので、

同乗者には快適に乗ってもらえるように、

細心の注意を払っています。

 

 

 

だから、

 

 

 

『運転、上手だね!』

 

 

なんて言われるんだと思います。

 

 

 

 

でも、それも。

 

 

 

 

僕が、

 

 

 

『車酔いしやすい』

 

 

っていう体質じゃなかったら、

絶対にできなかったと思います。

 

 

 

冒頭で書いたように。

 

 

僕は昔から、

 

 

 

『弱い』

『ナヨナヨしてる』

 

 

 

って言われてきました。

 

 

 

それは自分でも深く、自覚していました。

 

 

 

だから、そんな自分を変えようと必死に

努力してきたんですけど。

 

 

 

 

僕はとにかく。

 

 

 

そんな『弱い自分』っていうのが、

嫌で嫌で仕方なかったんです。

 

 

 

 

 

でも。

 

 

 

 

そんな、『弱い部分』が沢山あったからこそ、

 

 

 

『人の痛み』

f:id:yk6hiop:20161216073059j:plain

 

っていうのがわかってきたんだと思います。

 

 

 

僕は今。

 

 

 

 

今まで自分が生きてきた中で、

 

 

 

『嫌だなぁ。』

 

って思うことや、

 

 

『して欲しくないなぁ。』

 

 

って思うことは絶対にしないように、

気を配っています。

 

とはいえ。

 

 

完璧にはできないので、

やっぱりどこかで誰かを苦しめていたりするかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

それでも僕は。

 

 

 

 

『自分がされて嫌だったこと』

 

 

 

は絶対に人にやらないようにしています。

 

 

【弱いと言うことは優しさを知れるということ。】

f:id:yk6hiop:20161216073206j:plain

 

なんです。

 

 

 

 

あなたは、

 

 

 

 

『弱い自分』

 

 

 

 

というのを恨んでいませんか??

 

 

 

 

『弱い』

 

 

っていうのは辛いものです。

 

 

苦しいものです。

 

 

人には愚弄されて、

否定されて、

 

 

 

それでも自分で自分を保って生きていかなければならない。

 

 

折れそうな心を必死に持ち直して、

それでも自分で自分を支えなければならない。

 

 

 

なのに、人はそれを、もろくも、

カンタンに折ろうとして来る。

 

 

時には、こんな世界を恨みたくなることもあると思います。

 

 

 

辛いと思います。

 

 

本当に苦しいと思います。

 

 

でも。

 

 

 

それでも。

 

 

 

あなたが感じているその苦しみ、

悲しみはいつかきっと、誰かの役に立つ時があります。

 

 

 

 

あなたと同じような苦しみを味わっている人の

助けになってあげればいいんです。

 

 

 

それができるのは、

 

 

 

『弱さの苦しみ』

 

 

 

 

を知っているあなただけなんです。

 

 

 

 

あなたは、今の。

 

 

 

『自分の運命』

 

 

を呪っていませんか??

 

 

 

苦しいことが続くと、つい、

心が折れてしまいそうになりますが、

 

 

 

 

 

『この経験がいつかきっと誰かの役に立つ』

 

『この経験で、自分にしか救えない人が救えるようになる』

 

 

 

 

と、考えると、今の苦しみ、

悲しみに立ち向かう勇気が、

 

 

 

ほんの少し。

 

 

湧いてくる気がしませんか??

 

 

 

 

 

あなたが今、経験していることは、

一切、無駄なんてありません。

 

 

 

 

あなたが本当の未来に進むために。

 

 

 

必要な経験だと思って、

 

 

 

未来の誰かの役に立つためだと思って、

未来の誰かを救うためだと思って、

 

 

 

 

困難に勇気を持って立ち向かってみてください。

きっと少しずつ。

 

 

道が開けてきますよ(^^)

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

感想、ご質問等がございましたら、

お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約