読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

『自分を表現する勇気』

この記事をシェアする

こんばんは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

 

今日は、

 

 

『僕がモテなかった理由』

 

 

 

について投稿します。

 

 

 

しょっぱなから、

 

 

『興味ねぇよ!!』

 

 

と思われそうなタイトルですね(笑)

 

 

 

あえて書きます(笑)

 

 

 

 

ご興味なさすぎたら、

そっとページを閉じてください(笑)

 

 

 

 

 

 

僕は、全然女性にモテませんでした。

 

 

 

あんまり公言するものでもありませんが、

女性と初めてお付き合いしたのも、

 

かなり遅めです。

 

 

一般から言っても、

かなーり遅かったと言えます。

 

 

 

 

『なんで女性にモテないんだろう・・・』

 

 

 

なんてずっと考えていました。

 

 

 

色々原因はあったと思います。

 

 

まず。

 

 

ファッションに無頓着すぎましたね(笑)

 

 

 

 

『人間中身だろう??』

 

 

 

そう思って、服は、適当なモノを選んでいました。

 

 

 

 

『外見よりも中身だ!!』

 

 

 

そう思って、かなりズボラなファッションをしていました。

 

 

 

 

それが、人間の花盛りの一つとも言える、

 

 

 

『大学時代』

 

 

 

だったので大変。

 

 

 

あの辺りが、一番、

 

 

告白しては振られる時期だったので、

一応、お付き合いはしたかったんです。

 

 

人並みに。

 

 

 

でも。

 

 

本当に振られ続けました。

 

 

ほんとーに。

 

 

 

振られ続けました。

 

 

 

中には、告白する前から、

 

 

 

 

『田中さん(僕の本名)、もしかして、

私のこと好きですか??だったらごめんなさい。』

 

 

 

 

なんて。

 

 

 

好きなことだけ見抜かれて、

あっさり玉砕なんてこともありました。

 

 

 

 

まぁ、なんだか知らないけど、

根性があったのか、ねちっこかったのか、

 

 

 

なぜかその子には、

5回近くアタックすることになったのですが(笑)

 

 

 

全部振られました・・・

 

 

 

 

 

それはともかく。

 

 

 

とにかく。

 

 

 

そんな感じで。

 

 

 

モテませんでした。

 

 

 

ファッションってのは、

一つの大きな理由です。

 

 

 

それから自信がなかったのも。

 

 

自分が嫌いだったのも。

 

 

やっぱり、そういうのってオーラにでるんですよね。

 

 

 

 

『自信がないオーラ』

f:id:yk6hiop:20161207072616j:plain

 

 

というか。

 

 

その当時には、

 

 

 

 

『草食系』

 

 

と言う言葉はなかったのですが、

 

 

 

高校、大学時代に、

その言葉があったら間違いなく、僕は、

 

 

 

『草食系』

f:id:yk6hiop:20161207072701j:plain

と言われていたと思います。

 

 

 

かなりの根暗だったので、

 

 

 

『アングラ草食系』

 

 

 

とでも言われていたと思います(笑)

 

 

 

造語はともかく。

 

 

外見もダメ、

中身も、オーラもダメ。

 

 

 

そんなんで、モテなかったのかな、と思います。

 

 

 

まぁ。

 

考えだすとキリがないくらい、

自分のダメな部分が浮かびます。

 

 

 

 

あ、過去を否定しているワケではないですよ。

 

 

 

 

こういう話をすると。

 

 

 

『過去を否定する必要はない』

 

 

ということを言ってくださる方がいるんですけど、

僕はもう、過去を否定していません。

 

 

 

どんな過去も愛せています。

 

 

 

全ての過去があって、

現在があると心から思っています。

 

 

今思えば、慈しんでいるくらいの気持ちです。

 

 

 

 

 

ともかく。

 

 

 

色んな原因があって、女性にはモテませんでした。

 

 

 

まともな友達もあまりいませんでした。

 

 

 

 

ひとつ。

 

 

 

 

大きな、原因をもうひとつ挙げるとすると、

 

 

 

 

 

『自分を表現しなかったから』

f:id:yk6hiop:20161207072804p:plain

 

 

というのがありました。

 

 

 

 

 

今回の主題はそれです。

 

 

 

 

あなたは、

 

 

 

『本音』と『建て前』

f:id:yk6hiop:20161207072827j:plain

 

どのくらい、分けられていますか??

 

 

 

 

僕は、

 

 

『建前だけ』

 

 

 

で生きていました。

 

 

 

自分のことが嫌いだったので、

 

 

汚いものを隠すように、

蓋を被せて、蓋の上にまた蓋を被せるような人生を送っていました。

 

 

本音なんか語る由もない。

 

 

 

そんな価値は自分にはない。

 

 

 

そう思っていました。

 

 

 

だから。

 

 

 

わかりやすく言うと、

 

 

 

『嘘っぽかった』

f:id:yk6hiop:20161207072902j:plain

 

 

んですね。

 

 

 

 

 

『建て前』

 

 

っていうのはすぐバレます。

 

そして相手に警戒されます。

 

 

 

僕にはそれがわかりませんでした。

 

 

もしかしたら、わかっていたのかもしれませんが、

とりとめもなかった。

 

 

つき続けてきた嘘を、

やめるタイミングが解らなかったんです。

 

 

 

 

嘘をつき続けるしかなかったんです。

 

 

 

他人にも。

 

 

自分にも。

 

 

 

そうした、

 

 

『建前』

 

 

 

 

自分への嘘、

他人への嘘。

 

 

 

汚い部分を隠している心情。

 

 

というのは、すぐに相手に伝わります。

 

 

 

だから。

 

 

要するに、

人と接していても、

 

 

『何か隠しているんじゃないか』

f:id:yk6hiop:20161207072933j:plain

 

 

みたいなオーラを醸し出していたんじゃないかと思います。

 

 

 

そんなんだから、近づきがたかった。

 

 

 

 

よく人から、

 

 

 

 

『たなけん(僕の通称)って怖い。』

 

 

 

なんて言われていました。

 

 

 

それは、

 

 

 

 

『嘘で嘘を塗り固めていたから』

 

 

 

なんです。

 

 

 

『建て前』

 

 

で生きてきたからなんです。

 

 

 

それも、

 

 

僕が女性とお付き合いできなかった、

まともな友達ができなかった原因のひとつではないかと、

考えています。

 

 

 

『嫌なものは嫌』

『辛いものは辛い』

 

 

 

これをハッキリ言うようになってから、

人間関係はガラッと変わるようになりました。

 

 

 

もちろん。

 

 

それによって、僕の近くから去っていく人も

多くいましたが、

 

 

 

その分、僕の、『本音』を愛してくれる、

好きでいてくれる人が現れました。

 

 

 

 

 

全ての人と仲良く接することはできませんが、

少なくとも、

 

 

 

今は、

 

 

 

『本音で出来た人間関係』

f:id:yk6hiop:20161207073029j:plain

 

 

で生きています。

 

 

もちろん。

 

 

全てが全て本音を出しているワケではありませんが、

少なくとも、以前みたいに、

 

 

 

『嘘に嘘を塗り固めたような自分』

 

 

 

で生きてはいません。

 

 

 

 

 

 

『建て前』

 

 

を外してから人間関係は変わりました。

 

 

 

 

あなたはどうですか??

 

 

 

人によって程度の差はあれど、

 

 

 

『建て前』

 

 

っていうのはあると思います。

 

 

 

 

でも。

 

 

『自分に嘘をついてまで』

 

『嘘に嘘を塗り固めてまで』

 

 

守り抜く

 

 

『建て前』

 

 

はとっても辛いものです。

 

 

 

 

女性にモテる、モテない、だけでなく、

一般的な人間関係においても、

交友関係においても、

 

 

 

『建て前で生きる』

 

 

ことは辛いものです。

 

 

 

 

 

 

『自分を表現すること』

 

 

 

に躊躇しないことが大切です。

 

 

 

もしかしたら、今までの人間関係は

それで変わってしまうかもしれませんが、

 

 

 

きっとまた必ず、新たな人間関係の芽が

出てきます。

 

 

 

 

『本音』と『建て前』

 

 

 

使い分けるのはカンタンではないですが、

もし、あなたが今まで、

 

 

 

『建て前だけ』

 

 

で生きてきたのなら、

 

 

 

固め続けてきた、

 

 

『嘘』

 

を少しずつ溶かして、

 

 

 

『自分を表現する勇気』

f:id:yk6hiop:20161207073240j:plain

 

f:id:yk6hiop:20161207073304j:plain

 

を持つことが大切です。

 

 

 

それによって、築かれる新たな人間関係が、

もしかしたあなた自身を変えてくれることになるかもしれませんよ。

 

 

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

 

 

 

感想、ご質問等がございましたら、

お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約