読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

『思考は常に次の次までやることを考えておく』

この記事をシェアする

こんにちは(^^)

 

八王子ケンジです。

 

 

今日は、

 

 

『思考は次を考える』

f:id:yk6hiop:20161207065530j:plain

 

と言う投稿をします。

 

 

あなたは、

 

 

 

思った通りに物事が進まなくて、

イライラする。

 

 

なんてこと、ありませんか??

 

 

 

僕は、今まで何回もそんなことがありました。

 

 

 

特に携帯電話販売店員時代は顕著で、

 

 

 

何をやるにも仕事が遅い。

 

 

 

『タナケン(僕の通称)に仕事を任せたら遅い』

 

 

 

というレッテルを貼られていました。

 

 

 

とにかく。

 

 

仕事において、

何をするにも、

 

 

 

遅すぎる。

 

 

っていうのはありました。

 

 

それは携帯電話販売店員の前からありましたし、

日常生活においても、

学校生活においても、

 

ありました。

 

 

 

とにかく。

 

 

 

『遅かった』

 

 

 

んです。

 

 

 

自分でも嫌気が差すくらいに。

 

 

 

そんな自分は人に怒られ続けて、

増々、自分で自分が嫌いになっていきました。

 

 

 

 

そんなこんなで。

 

 

約30年間。

 

 

僕は、自分が嫌いで、

自信が持てない人生を送ってきました。

 

同時に、女性にもモテませんでした・・・

 

 

余談でした。

 

 

僕がなぜ、女性にモテなかったのか??

 

というのは別の機会に置いておいて(笑)

 

 

 

 

僕が仕事が遅かった理由。

 

 

それは様々あると思います。

 

 

特に顕著なのは、

 

 

 

 

『時間の使い方が下手だった』

 

 

んです。

 

 

 

もう少し、詳しく言うと、

 

 

 

『考える時間が長かった』

f:id:yk6hiop:20161207065640j:plain

 

んです。

 

 

 

今でこそ。

 

 

自分で言うのは何ですが、

大概のことは行動できる自信があります。

 

 

 

『今スグ知らない人達ばかりのパーティーに参加してください』

 

 

 

って言われても、ポーンと参加できます。

 

 

 

 

あんまりこう言うの、よくないかもしれませんが、

最近は、

 

 

『怖い』

 

 

と思うことは少なくなりました。

 

 

 

 

でも。

 

 

とにかく以前は、

 

 

『何もかもを恐れて』

 

 

 

生きていました。

 

 

行動するのにも、

石橋を叩いて渡るタイプでした。

 

 

 

全然関係ないんですけど、

 

 

あなたは、

 

 

 

メタルギアソリッド

f:id:yk6hiop:20161207065709j:plain

 

 

好きですか??

 

 

 

僕は大好きで、

とはいえ、ここ最近のシリーズはやっていませんが、

 

 

 

 

プレイステーション1で、発売された最初の、

メタルギアソリッド

 

 

 

無印ですね。

 

 

 

ファミコン版じゃないですよ(笑)

 

 

 

 

はかなりやり込みました。

 

 

ちょうど、中学生の頃だったんですが、

友達と一緒に遊んだりして、

楽しんでました。

 

 

楽しかったですねぇ・・・

 

 

 

中学生の頃の、楽しかった頃の思い出が今でも、

甦ってくるようです。

 

 

 

それはともかく。

 

 

 

その中で、

 

 

 

ある敵キャラクターが、それまでのプレイヤーの

操作の動向から判断して、性格を言い当てるシーンがありました。

 

 

 

やったことがある人にしかわからないネタなんですけど、

 

 

僕は何週プレイしても、

必ず、

 

 

 

『うーん、石橋を叩いて渡るタイプだな』

f:id:yk6hiop:20161207065737j:plain

 

 

と言われました。

 

 

余計なお世話だ!!

 

 

 

なんて思ったり(笑)

 

 

 

 

ちょっと話がそれましたが、

とにかく。

 

 

石橋を叩いて渡らないと気が済まないタイプでした。

 

 

 

 

そのくらい。

 

 

 

『考える時間』

 

 

 

に費やすエネルギーが多かったんです。

 

 

 

大事なことは、

 

 

 

 

 

『考える時間』

 

 

 

 

『動く時間』

 

 

を分けることです。

 

 

 

結論から言うと、

 

 

 

『動き始めたら』

 

 

 

考えずに、『行動すること』

だけに集中するんです。

 

 

 

『考える』

 

 

んだったら、手を止めてしっかり考えるんです。

 

 

僕はそれができなかった。

 

 

 

 

行動しながらも、常に自分に自信がなかったから、

 

 

 

 

『これでいいのか??』

「このままでいいのか??』

 

 

『何か間違ってるんじゃないのか??』

『もっと良い方法があるんじゃないのか??』

 

 

と、疑いながら、行動していました。

 

 

だから。

 

 

思考があっちらこっちら様々な方向に、行って、

時間がかかっていたんです。

 

 

 

 

『行動が遅い』

 

 

 

んじゃなくて、正確には、

 

 

 

『考えすぎ』

 

 

ていたんです。

 

 

 

怖かったんです。

 

 

 

人に怒られるのが、

嫌われるのが。

 

 

 

独りになってしまうのが。

 

 

 

だから。

 

 

常に。

 

 

人の機嫌を窺って、

顔色を窺って、

 

 

怒られないように、

嫌われないように。

 

 

生きてきました。

 

 

 

そうして、誰より。

 

 

 

『自分のこと』

 

 

を嫌いになっていました。

 

 

 

そうして。

 

 

常に人の顔色や、

失敗を恐れて生きてきたから、

 

 

 

行動が遅かったんです。

 

 

 

 

 

どうすれば、

 

 

 

『考える時間』

 

 

を少しでも減らして、

行動できるようになるのでしょうか?

 

 

 

大前提として、

 

 

 

『恐怖』

 

 

 

を軽減する必要があります。

 

 

 

 

 

『人に嫌われたくない』

『失敗が怖い』

『怒られるのが怖い』

 

 

 

こうした恐怖がなくならない限り、

行動の大胆さを得ることはできません。

 

 

 

が。

 

 

 

逸れに関しては、カンタンに、

 

 

『こうだ!』

 

 

という方法を明示することはできません。

 

 

 

 

僕自身。

 

 

今は、もう、そうした、

 

 

『人の顔色を窺う』

 

 

とか、

 

 

『失敗が怖い』

 

 

 

とか、そんなのはあまりなくなりましたが、

 

 

 

(完璧にはなくならないです。

完璧になくなってしまったら、ただの無礼です。)

 

 

 

 

なくなるまで、30年かかりました。

 

 

 

本やテレビで、

 

 

 

『失敗の恐怖をなくす方法』

 

 

とかありますが、ハッキリ言って、

なくなりません。あれだけでは。

 

 

 

有名な本とかで、

 

 

Amazonでレビューを観れば、

様々な口コミが書いてあります。

 

 

 

『人生が変わった』

 

 

とか、

 

 

『考え方が変わった』

 

 

とか。

 

 

ああいうレビューの良くないところは、

 

 

 

『その地点しか観れない』

 

 

 

ことです。

 

 

レビューを書いている人も、

 

 

『嘘をついている』

 

 

わけではありません。

 

 

 

ありませんが、

 

 

 

レビューではその地点しか観れません。

 

 

 

 

その後にもしかしたら、

 

不良とか、不快な想いとかしているかもしれませんが、

そこまで逐一見ることはできません。

 

 

 

アニメやドラマもハッピーエンドで終わる時。

 

 

 

 

『そして、彼らの冒険はまだまだ続く・・・』

 

 

『幸せに暮らしましたとさ。』

 

 

 

 

ちゃんちゃん。

 

 

 

となって終わった後も、本当は、

ドラマは続いているんです。

 

 

 

 

 

大魔王に打ち勝ったはずの勇者も、

 

その後に出てきた影のボスに、

もしかしたら負けているかもしれません。

 

 

 

恋愛ののドラマでも、

ハッピーエンドで終わった次の週で別れているかもしれません。

 

 

 

メディアの情報は、

 

 

 

 

『その地点』

 

 

 

までしか、受け取る側は知ることができないんです。

 

 

 

だから、他の人と比べて、

自分はできない。

 

 

 

なんて考えてしまうんです。

 

 

 

 

少し話は逸れましたが、

 

 

そんな感じで。

 

 

 

 

『行動への恐怖をなくす方法』

 

 

 

なんてのはカンタンには見つかりません。

 

 

 

だからこそ。

 

 

 

今。

 

 

この場で僕が書けるのは、

 

 

 

『思考の方法』

 

 

 

です。

 

 

 

少しでも、行動を早めるためには、

 

 

 

『思考は常に次の次までやることを考えておく』

 

 

ことが重要です。

 

 

 

前述しましたが、

 

 

 

『考えて手を止めている時間が一番もったいない』

 

 

 

んです。

 

 

考えることによるタイムロスを

少しでも減らすことが人生を加速させる最大のコツと言えます。

 

 

 

 

一つのことをやりながら、

 

 

 

『この後は何をやるんだっけ??』

 

 

『その次は??』

 

 

と考えておきます。

 

 

 

そして、ひとつ消化したら、

脳内の次の、

 

 

 

『頭の中のやることリスト』

 

 

を更新していきます。

 

 

 

これをやるだけでも、

 

 

 

『考える時間』

 

 

を軽減できます。

 

 

大事なことは、

 

 

 

『やること』

 

 

 

 

『考えること』

 

 

を分けること。

 

 

これをやるだけで、

 

人生のスピードは変わっていきますよ(^^)

 

 

 

 

ぜひ試してみてください。

 

 

最後まで読んで頂いて、

ありがとうございます(^^)

 

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約