読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

『失った因果』と『得た因果』

この記事をシェアする

こんにちは(^^)

八王子ケンジです。

 

今日は、

 

 

『失った因果』と『得た因果』

f:id:yk6hiop:20161206065522j:plain

 

 

という投稿をします。

 

 

 

 

『因果関係』

 

 

 

っていうのは常々存在します。

 

 

 

何があっても、それは過去の何かが関係して、

 

 

『現在』

 

 

に至っています。

 

 

 

ちょうど、一つ前の投稿でも書きましたが、

 

 

 

yk6hiop.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

人間関係においても、

 

 

 

『他人が自分に何をしてくれたか??』

 

 

というのが人間関係のベースとなっていると言えます。

 

 

 

まぁ。

 

 

『してくれた』

 

 

 

っていうのは、語弊があるかもしれませんが、いずれにしても、

その人との間柄に過去、どんなことがあったのか。

 

 

ということが影響します。

 

 

 

どんな物事にも、

 

 

 

『過去』⇒『現在』⇒『未来』

f:id:yk6hiop:20161206065633j:plain

 

の因果関係っていうのは存在します。

 

 

 

ここで着目すべきは、

 

 

 

『失った因果』と『得た因果』

f:id:yk6hiop:20161206065722j:plain

 

 

です。

 

 

 

 

『失った因果』

 

 

 

っていうのは、すごくわかりやすいんです。

 

例えば、あなたが風邪をひいたとしたら、

何となく、その原因がわかるはずです。

 

 

 

 

『そういえば昨日、マクドナルドで、隣に座っていた

おじさんが口を抑えずにゴホゴホ咳してたなぁ・・・』

 

 

 

『最近、youtube観てばっかりで、寝るの

遅くなってたしなぁ。。。』

 

 

 

『最近、カップラーメンばっかりで、

栄養が偏ってたしなぁ。。。』

 

 

 

とか。

 

 

 

何か、

 

 

 

『悪いこと』

 

『善くないこと』

 

『失ってしまったこと』

 

 

 

が起きると、そうした

 

 

『原因』

 

 

 

っていうのは、すぐにわかるものなんです。

 

 

 

 

あなたはどうですか??

 

 

 

今までの人生の中で。

 

 

 

『失ったものは何ですか??』

 

 

 

と、問われたら、真っ先に思い浮かぶのは、

どんなことでしょうか??

 

 

 

 

大切にしていた『物』かもしれません。

 

 

 

過去に付き合っていた『恋人』かもしれません。

 

 

 

少年時代の優しい『気持ち』かもしれません。

 

 

 

『失ったもの』

 

 

 

っていうのは数え切れず。

 

 

 

人それぞれに、たくさんあると思います。

 

 

 

でも。

 

 

思い返してみると、それをなくしてしまった原因って、

 

 

 

ある程度はわかるはずです。

 

 

 

僕は、去年。

 

 

 

 

一緒に同棲していた彼女に振られました。

 

 

 

何の前触れもなく、

 

 

 

 

『別れてください。今までありがとうございました。』

 

 

 

という置手紙が机の上においてありました。

 

 

 

悲しかったです。

 

 

辛かったです。

 

 

 

その辺のことは、こちらのブログでも

語っています。

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

あんまりこの記事。

リンクしたくないですね(笑)

 

 

じゃあしなきゃいいじゃん。

 

って感じなんですけど(笑)

 

 

 

 

 

その振られた当時は、

原因はわかりませんでした。

 

 

 

時が経って、ある程度の原因はわかってきました。

 

 

もちろん。

 

 

本人とあったわけではないので、

本当のところはわかりませんが、

 

 

ある程度、思いつく原因っていうのはわかります。

 

 

 

 

 

そんな風に。

 

 

 

 

『失ったもの』

 

 

 

っていうのは、原因がある程度、

特定できるんです。

 

 

 

ところが、

 

 

 

 

『得た因果』

 

 

 

っていうのは、非常にわかりづらい。

 

 

 

 

 

例えば、今。

 

 

 

あなたはこの文を読んでくれています。

 

 

 

 

どんな状態かはわかりません。

 

 

 

急いでいる中かもしれません。

 

 

 

お昼ご飯を食べながら、

スマホで指でサササとスライドして

読んでいるかもしれません。

 

 

 

 

パソコンの画面に真剣に向き合って、

読んでくれているかもしれません。

 

 

 

 

この文章を読んでくださっている、

あなたの状況はわかりませんが、

 

 

 

少なくとも、確かなことは、

 

 

 

 

 

『あなたがこの文面を読んでくれている』

 

 

 

ということです。

 

 

 

もしかしたら、体調の悪い中、

読んでくださっているのかもしれませんが、

 

 

 

いずれにしても、

 

 

 

この文面を読んでくださっている限り、

 

 

 

 

『あなたは生きている』

 

 

 

ということになります。

 

 

 

 

 

『何当たり前のことを言っているんだ?!!』

 

 

 

 

と思われるかもしれませんね。

 

 

でも。

 

 

どんな状態であれ、

 

 

 

今、この文面を読んでくれているあなたは、

 

 

 

『生きている』

 

 

 

っていうのは確かです。

 

 

 

繰り返しますが、

この文面を読んでくださっている、

あなたの、

 

 

 

『状態』

 

 

まではわかりませんが、

ひとつ。

 

 

 

絶対的に確かなことは、

この文面を読んでくれている時点で、

あなたが、

 

 

 

『生きている』

 

 

ということです。

 

 

 

『生きている』

 

 

 

これは、ひとつの大きな

 

 

『得たもの』

 

 

です。

 

 

 

さっきの例の続きになりますが、

 

 

 

ではあなたが、

 

 

 

『生きている原因』

 

 

 

ってわかりますか??

 

 

 

 

もちろんわかると思います。

 

 

 

でも。

 

 

 

 

『直接的にこれ』

 

 

っていう原因はわからなくないですか??

 

 

 

 

 

『得た因果』

 

 

 

っていうのは沢山ありすぎるんです。

 

 

 

あなたが今、生きているのは、

 

 

『親が産んでくれたから』

 

 

 

です。

 

 

 

 

更に、

 

 

 

『ご飯を食べているから』

 

 

 

です。

 

 

もっと言えば、

 

 

 

『呼吸しているから』

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

『得た因果』

 

 

 

っていうのは、

多すぎるんです。

 

 

 

 

だから、

 

 

 

『何が原因でそれが起こったのか』

f:id:yk6hiop:20161206070006j:plain

 

 

っていうのが曖昧になってしまいがちです。

 

 

 

 

 

そうすると、どうなるか??

 

 

 

 

 

『失った因果』

 

 

 

っていうのはわかりやすいから、

反省して、次に繋げられます。

 

 

 

 

 

例えば、あなたが恋人に振られた原因が、

 

 

 

『細かすぎたから』

 

 

だとすれば、

 

 

 

『もう少し大雑把に生きてもいいのかな??』

 

 

 

 

なんて考えて、反省することができます。

 

 

 

 

でも、

 

 

『得た因果』

 

 

 

っていうのは多いんで、

つい見落としてしまいがちです。

 

 

 

 

つまり、つい、

 

 

 

 

『感謝を疎かにしてしまいがち』

 

 

 

です。

 

 

 

『失った因果』

 

 

 

を見つめれば、『反省』して、

未来に繋げることができます。

 

 

 

 

『得た因果』

 

 

 

がわかれば、『感謝』して、

優しい気持ちになることができます。

 

 

 

 

『得た因果』

 

 

っていうのがわからないと、つい、

 

 

 

『感謝』

 

 

を疎かにしてしまいがちです。

 

 

 

 

あなたは、

 

 

 

『得た因果』

 

 

 

を疎かにしていませんか??

 

 

 

 

 

失った因果はすぐわかります。

 

 

なんで失敗したのか?

なんで病気になったのか?

 

 

 

得た因果はわかりづらいんです。

 

 

 

何で成功したのか?

何で健康体でいられるのか?

 

 

 

直接的な原因は、多すぎて

わかりづらいんです。

 

 

 

 

大事なことは、

 

 

 

『成功の要因になっているであろう「因果」に感謝すること』

f:id:yk6hiop:20161206070133j:plain

 

 

です。

 

 

支えてくれる恋人に感謝。

産んでくれた母親に感謝。

一緒に生きてくれている自分自身に感謝。

生かしてくれている神様に感謝。

 

 

 

 

 

全てに感謝するくらいの気持ちでないと、

 

 

『得た因果』

 

 

 

っていうのはわかりづらいので、

つい、『感謝』を疎かにしてしまいがちです。

 

 

 

 

 

『得た因果』
『失った因果』

 

 

どちらもしっかり見据えて、

 

 

 

 

『反省』と『感謝』

 

 

 

で未来に歩んでいきたいものですね(^^)

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

感想、ご質問等がございましたら、

お気軽にコメントをどうぞ(^^)

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約