読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

『調べる癖』=『何となくの全体図』

この記事をシェアする

『調べる癖』=『何となくの全体図』

f:id:yk6hiop:20161202073224j:plain

 

これが情報を得るときに、

調べるときに、とても大切なことです。

 

 

こんにちは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

先ほどの投稿の続きを書きます。

 

 

先ほどの投稿はこちらからどうぞ(^^)

 

 

www.hachioji.top

 

 

 

 

『情報』

f:id:yk6hiop:20161202073418j:plain

 

という大海原に溺れない為に。

 

『情報』

f:id:yk6hiop:20161202073440j:plain

 

という波をうまく乗りこなすためにも、

 

 

 

『ゲシュタルト』

f:id:yk6hiop:20161202070707j:plain

 

というのが非常に大切になります。

 

 

 

 

 

あなたは、何かをする時に、

 

 

 

『全体像』

 

 

 

を見渡す癖、ついていますか??

 

 

 

 

『ゲシュタルト』

 

 

 

については、一つ前の記事で、

解説していますので、そちらを参考にしてください。

 

 

 

www.hachioji.top

 

 

 

 

 

 

『ゲシュタルト』

 

 

 

があることで僕たちは、

情報をうまく使いこなすことができるんです。

 

 

 

 

ある情報を調べようと思っても。

 

 

 

何となく惰性で調べるよりも、

何らかの、

 

 

『ゴール』

f:id:yk6hiop:20161202073538j:plain

 

 

を持った方が、制度が高まります。

 

 

 

 

 

例えば、今話題のFF15。

f:id:yk6hiop:20161202073621j:plain

 

 

この記事を書いている時点では、発売されて間もないので、

話題です。

 

 

 

 

ですが。

 

 

 

 

そのFF15も。

 

 

 

『ただ何となく調べているだけ』

 

 

 

っていうのと、

 

 

 

『買おうかどうか悩んでいて、口コミとかを調べる』

 

 

 

っていうのでは情報の精度がまるで違います。

 

 

 

『購入するかどうか』

 

 

 

というゴールが明確になっているので、

必要な部分とそうでない部分を精査して、

情報を採り入れることができるんです。

 

 

 

 

先ほどの記事でも書きましたが、

 

 

 

『ゲシュタルト』

 

 

 

とは、言い換えると、

 

 

 

『何となくの全体像』

 

 

とも言えます。

 

 

 

 

事細かに、覚えている必要はないんです。

 

 

 

 

『今回のFF15の構造はこうなってて、

このシステムはこんな風にできているからきっと楽しい。』

 

 

 

とか。

 

 

 

細かい部分は覚えてなくても、

 

 

 

『購入するかどうか』

 

 

 

の判断を下すことができます。

 

 

先ほどの記事でも例として挙げたように。

 

 

 

 

『何となくの全体像でも、「はじめてのおつかい」ができる』

 

 

 

のは、

 

 

 

 

 

『買うものが決まっている』

 

 

 

というゴールがあるから、

何となくでも精度の高い行動ができるんです。

 

 

 

 

少しわかりづらくなってしまいましたかね(笑)

 

 

 

とにかく。

 

 

 

いずれにしても。

 

 

 

 

『ゲシュタルト』

 

 

 

 

というのは、

 

 

 

『何となくの完成図』

 

 

みたいなものです。

 

 

 

そしてその

 

『何となくの完成図』

 

 

 

でもできてしまうのは、

 

 

 

 

『ゴール』

 

 

 

が明確に決まっているからです。

 

 

 

 

ここで話を、本題の、

 

 

 

 

 

『調べる癖』と『ゲシュタルト』

 

 

 

に戻すと、

 

 

 

 

『わからないことがあったらすぐにインターネットで調べなさい』

f:id:yk6hiop:20161202073749j:plain

 

 

とよく言われます。

 

 

 

ただ、インターネットというのは、

不特定多数の人が情報発信をしているので、

 

 

 

どこからどこまでの情報を信じていいのかわかりません。

 

 

 

 

間違った情報を信じて進むと、

後で痛い目に遭いますもんね。

 

 

 

だからこそ。

 

 

 

 

『ゲシュタルト』

 

 

 

が必要なんです。

 

 

 

 

自分がその情報の先に

 

 

 

 

『得たいゴール』

 

 

 

をしっかり見据えて、

それに向けて必要な情報を、

探す。

 

 

 

 

『事細かに』

 

 

探すのではなくて、

全体を見据える。

 

 

 

そうすれば、

 

 

 

 

『これ正しいのかな??』

 

 

 

と思えるような情報も、

沢山の人が同じようなことを言っているから、

 

 

 

 

『もしかしたら正しいのかもしれない!!』

 

 

 

 

という判断を下せるようになります。

 

 

 

 

食べログなんかもそうですよね。

 

 

 

 

一人の人が、

 

 

 

 

『この店は絶対に美味しいです!!』

 

 

 

っていうよりか、

 

 

 

沢山の人が、

 

 

 

『美味しい』

 

 

と絶賛していれば、

 

 

 

 

『これだけ沢山の人が美味しいと言っていれば、
本当に美味しいのかも。。。』

 

 

 

と信じたくなります。

 

 

 

まぁ。

 

 

 

それだけで妄信するのは危険なので、

ちゃんと自分の足で確かめる必要はあるんですけど。

 

 

 

 

とにかく。

 

 

 

 

『ゴール』

 

 

 

 

さえしっかり把握していれば、

 

 

 

 

『情報という大海原』

 

 

 

でも、必要な情報を精査して、

 

 

 

『正しい知識』

 

 

だけを採り入れられるようになります。

 

 

 

 

 

 

だから。

 

 

 

 

『調べる癖』

 

 

 

を付ける時には、

 

 

 

『ゲシュタルト』

 

 

 

が必要なんです。

 

 

 

 

 

 

ややこしくなってしまいましたが、

 

 

 

 

①全体を見据えて情報を調べる
②その情報の先に得たい『ゴール』をしっかり意識する

 

 

 

 

 

この2点を意識すれば、

情報リテラシーはかなり高まります。

 

 

 

 

これだけできっと、得られる知識がグンと増しますよ(^^)

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

 

感想、ご質問等がございましたら、

お気軽にコメントをどうぞ(^^)

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約