読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

『逆算式の時計』

この記事をシェアする

『逆算式の時計』

 

f:id:yk6hiop:20161123113103j:plain

 

はないんです。

だから『時間を失った』っていうのはわかりづらいんです・・・

 

 

こんにちは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

今日は、

 

『時間に投資する』

 

f:id:yk6hiop:20161123113211j:plain

 

 

という投稿をします。

 

 

 

 

当然ですが、

時間は有限です。

 

f:id:yk6hiop:20161123113327j:plain

 

 

 

だからこそ、

時間は正しく使わないと、

『無駄遣い』になってしまいます。

 

 

f:id:yk6hiop:20161123113422j:plain

 

 

 

 

あなたは、

 

 

『時間』

 

f:id:yk6hiop:20161123113457j:plain

 

を有効に使えていますか??

 

 

 

 

例えば、お金は、

目に見えて減っていきます。

 

 

 

 

銀行の預金残高であったり、

クレジットの利用限度であったり、

公共料金、携帯電話などの請求。

 

 

シンプルに言えば、

 

 

サイフからお金がなくなっていきます。

 

f:id:yk6hiop:20161123113535j:plain

 

 

『お金』

 

 

 

っていうのは、目に見えて減っていくから、

 

 

『無駄遣いしてるなぁ~・・・』

 

 

 

っていうのはわかりやすいです。

 

 

 

ですが、

 

 

 

『時間』

 

 

っていうのは観えません。

 

 

 

少なくとも、普段僕たちが、

 

 

『時間』

 

 

と認識している、

 

 

『時計』

 

f:id:yk6hiop:20161123113636j:plain

 

 

は、絶えず、

『進んで』います。

 

 

 

だから、何かを、

 

 

 

『失っている』

 

f:id:yk6hiop:20161123113709j:plain

 

と言う観点は持ちづらいんです。

 

 

 

 

例えば。

 

 

時計が逆だったらよかったのかもしれませんね。

 

 

 

 

『12時』を起点として、

段々と時計の針が遡っていく。

 

 

 

例えば、今日は休日ですね。

 

 

まぁ、休日出勤の人もいるかもしれませんが、

カレンダー通りの仕事の人は、

 

 

休みの日だと思います。

 

 

 

外出したり、

友達と遊んだり、

一人でネットサーフィンしたり。

 

 

 

と過ごし方は様々だと思います。

 

 

 

 

本当。

 

 

休みの日って時間が過ぎるの、早いですよね。

 

 

 

 

一番早く、この記事を読んでくださっている方は、

この記事を読んでいる時点で、

 

 

休日の半分近くは過ぎているはずです。

 

 

 

 

本当に、休みの日の時間は、

 

 

『あっという間』

 

 

 

です。

 

 

あなたはその時間。

 

 

この文章を読むまでに至る時間。

 

 

 

『有意義に過ごせましたか??』

 

 

 

『時間の無駄遣い』

 

 

していませんか??

 

 

 

 

話を戻して。

 

 

 

これが、

 

 

『時計の針が引き算方式』

 

f:id:yk6hiop:20161123113852j:plain

 

 

だったら、また違ったと思います。

 

 

 

 

12時を起点として、

徐々に徐々に、時計の針が、

『戻って』いくんです。

 

 

 

時計の針は、進んでいるから、

 

 

『何かを失っている』

 

 

厳密に言うと、

 

 

『時間を失っている』

 

f:id:yk6hiop:20161123113958j:plain

 

という感覚を持ちづらいんです。

 

 

 

でも。

 

 

時計の針は進んでいても、

僕たちは間違いなく、

 

 

 

『失っている』

 

 

 

んです。

 

 

 

着実に刻一刻と、

 

 

 

『死』

 

f:id:yk6hiop:20161123114030j:plain

 

に向かって進んでいるんです。

それは、

 

『何かを得る』

 

 

という意味で進んでいるんじゃなくて、

 

 

 

『何かを失う』

 

 

という意味で進んでいるんです。

 

 

 

 

『マイナスに進んでいる??』

 

f:id:yk6hiop:20161123114104j:plain

 

 

という感じですかね。

 

 

 

繰り返しますが。

 

 

時計の針だけをボーっと眺めていても、

時計の針は『進む』ことしかしません。

 

 

絶対に、戻りません。

 

 

 

だから、何かを『失っている』という感覚を、

持ちづらいんですが、僕たちは、確実に、

1秒ごとに、刻一刻と、何かを、

 

『失っている』んです。

 

 

 

 

 

それは、目に見える何かでなくても、

 

 

『時間』

 

 

は確実に失っています。

 

 

それは誰にも平等の事実です。

 

 

神様でも同じです。

 

 

 

 

本当は、繰り返しになりますが、

 

 

『1日の逆算時計』

 

 

 

っていうのがあればいいのかもしれません。

 

 

 

12時起点として、

その日の終わりに向けて、時計の針が戻っていく。

 

 

 

 

『あと4時間』

 

 

『あと3時間』

 

 

 

 

『やばい!!あと2時間』

 

 

 

『あと1時間しかないじゃん!!』

 

 

 

『ああ・・・「今日」を失ってしまった・・・』

 

 

f:id:yk6hiop:20161123114208j:plain

 

 

なんて。

 

 

 

時計の針が、

 

『逆算方式』

 

 

であれば、

 

 

『時間を失った』

 

 

 

ということが身に染みてわかるのかもしれませんね。

 

 

 

人間はどうしても、

 

 

『目に見えるもの』

 

 

しか信じません。

 

 

 

『時間を失っている』

 

 

 

なんてこと、僕が言うまでもなく、

みんな知っている既成事実です。

 

 

 

でも。

 

 

 

『体感的に』時間を失っているというのは認識しずらいんです。

 

 

 

 

『そんなことない!!私は時間を失っているということを体感的に感じている!!』

 

 

 

と言う方も中にはいるかもしれませんが、

やっぱりお金とは違うんです。

 

 

 

 

 

さっきも書きましたが、

 

 

『お金』

 

 

 

は目に見えて減っていきます。

 

 

だから、

 

 

 

『減った』

 

『なくした』

 

『失った』

 

 

 

というのは、体感的にも、

意識的にも認識することができます。

 

 

 

でも。

 

 

『時間』

 

だけは、頭の中では、

 

 

 

『失った』

 

 

 

ということはわかっていても、

わかったつもりでも、

 

 

 

 

『体感的には』わかっていないんです。

 

 

 

本当に、

 

 

 

『逆算式の時計』

 

 

 

っていうのがあったら、

また人間の生き方も変わったのかな。

 

 

 

なんて思います。

 

 

 

 

続きはまた投稿します(^^)

 

 

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約