読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『自分解放』いきいきライフ☆

人間関係、仕事、恋愛・・・色々と悩むことが多い世の中。そんな悩みを払拭する。楽しい生き方の提唱ブログです(^^)

自己啓発本とは

この記事をシェアする

こんにちは(^^)

八王子ケンジです。

 

 

今日は、

 

自己啓発本とは

 

 

について投稿します。

 

 

 

 

日常生きていると様々な問題に直面します。

そして意外なところに解決策があったりします。

 

 

 

 

ともかく。

 

 

 

どんな問題も。

 

 

 

困難も。

 

 

 

『思っていたよりカンタンに切り抜けられちゃった!!』

 

 

 

 

なーんてことあると思います。

 

 

 

 

 

それなのに。

 

 

 

また時間が経つと

同じような事態に直面して、

 

 

緊張したり失敗したりする。

 

 

 

 

 

ともあれ。

 

 

 

この世の中。

 

 

 

『問題』

 

 

 

 

が多すぎて、何が問題なのかすらわからなくなります。

 

 

 

だからこそ。

 

 

 

いろんな場面でお手上げ。

 

 

 

まさに

 

 

i have no idea

f:id:yk6hiop:20161102074255j:plain

 

 

 

になってしまうんです。

 

 

 

 

 

 

自己啓発本に答えを求めても

中々答えって見つからないんですよね。

 

 

 

あなたは、困った時。

 

 

自己啓発本に頼ったりしていませんか??

 

 

 

僕は。

 

 

 

自己啓発依存症』

 

 

 

 

 

でした。

 

 

 

何か困ったことがあれば、

すぐに自己啓発本

 

 

『君には集中力がない!!』

 

 

って言われたら、

 

 

『集中力のつけ方』

 

 

みたいな本を買って読んで。

 

 

 

『君は自分がないなぁ』

 

 

 

なーんて言われたら。

 

 

 

『自分軸の見つけ方』

 

 

みたいな本を買って読んだりして。

 

 

 

 

 

とにかく。

 

 

そうして自己啓発本の中に。

 

 

 

在るはずのない答えを探していました。

 

 

 

まさに・・・

 

 

 

 

自己啓発本で事故啓発

 

 

 

 

していたんです。

 

 

 

いや・・・

 

 

 

決してうまいことを言おうとしているワケではなく。

 

 

 

勝手に一人で問題を誇大化していたりしたんです・・・

 

 

 

 

 

だからこそ。

 

 

 

僕はずっと要領の悪いままだったんです。

 

 

 

 

あなたは、そんな。

 

 

 

自己啓発本で事故

 

 

 

 

起こしていませんか??

 

 

 

 

 

いつまでも自己啓発本を読んでも変わらないのは、

もしかしたら、

 

 

 

 

自己啓発本を読み続けているから

 

 

 

かもしれません。

 

 

 

 

 

すべからく。

 

 

 

 

 

新しい一歩を踏み出す行動力を

つけるためには。

 

 

自分を変えるためには。

 

 

 

 

自己啓発本だけでは変われないんです。

 

 

 

 

そんな。

 

 

自己啓発本依存症』

 

 

から抜け出して、

新しい未来を作るための

 

 

『行動力のつけ方』

 

 

について書いていきます。

 

 

 

 

 

 

①最小単位の行動を積み重ねる

 

 

 

自己啓発本依存症から抜け出して、

新しい一歩を踏み出すためには、

 

 

 

 

『行動』

 

 

が必要です。

 

 

ただ。

 

 

中々その行動が難しいんです・・・

 

 

 

 

大事なのは。

 

 

 

 

一辺に大きなことをやろうとしないこと。

 

 

 

 

です。

 

 

 

どんなことでも積み重ねの上にしか成り立ちません。

 

 

 

その証拠に。

 

 

今のあなたは、

 

 

今まで何十年と築いてきた、

 

 

 

 

 

『過去の延長線上に生きている』

 

 

 

はずです。

 

 

これは寸分の違いもない。

 

 

 

紛れもない事実です。

 

 

 

だから。

 

 

今度は逆に。

 

 

 

小さな行動を積み重ねてコツコツ自分を変えていく

 

 

 

しかないんです。

 

 

 

こう言うとすごく残念に聞こえますが。

 

 

 

 

 

大きな夢を持ってそれに向かって小さな一歩を積み重ねる

 

 

 

 

それがあなたの『未来』を築くことになります。

 

 

 

 

まずは大きな夢を描いて。

 

 

 

単純に。

 

 

 

『やりたいけどできないこと』

 

 

 

でOKです。

 

 

それを思い描いて、

 

 

 

それに向けての最小限の行動をとってみてください。

 

 

 

例えば。

 

 

 

『彼女が欲しい』

 

 

というゴールを描くなら、

 

 

それに向けての最小限の行動。

 

 

 

『街コンをスマホで検索する』

 

 

とか、

 

 

『友達に紹介してくれそうな人がいないか』

 

 

 

とか。

 

 

 

 

全くリスクのない行動から始める

 

 

 

 

ことが大切です。

 

 

 

 

 

②実践ベースで考える

 

 

 

 

自己啓発本を読むと。

 

 

内容充実。

 

 

 

沢山の情報が含まれていて、

 

 

『何をすればいいか』

 

 

がよくわかりません。

 

 

 

厳密には、本を読み終えた後には、

 

 

 

 

『得も言えぬ満足感』

 

 

 

に浸ることができます。

 

 

 

 

『これから俺の人生はハッピーライフ!!』

 

 

 

 

とでも言わんばかりに。

 

 

 

 

 

本を読み終えて直後は、

 

 

何かが変わったような、『気』がするんです。

 

 

 

でもそれは、たいていの場合は、

 

 

 

 

『気のせい』なワケで・・・

 

 

 

 

現実には何も変わってない。

 

 

 

なんてことがあります。

 

 

 

 

『明日から会社でバリバリ働くぜ!!』

 

 

 

と思ったのに。

 

 

 

いきなりクレームがあって、

ヘコヘコ。

 

 

 

『やっぱり俺はダメなのか・・・』

 

 

 

 

と元の鞘に戻ってしまいます。

 

 

 

まさに事故・・・

 

 

 

大事なのは

 

 

 

『実践』

 

 

です。

 

 

 

自己啓発本を読めば、確かに。

何か得も言えぬ、

 

 

『満足感』

 

 

が心を覆い尽くします。

 

 

 

でも。

 

 

 

『満足感』では『現実』は一向に変わりません。

 

 

 

 

 

もし。

 

 

 

『本を読んで何かを学ぶ』

 

 

 

というのであれば、

 

 

 

 

 

『実践ベースで学ぶ』

 

 

 

 

 

ことが大切です。

 

 

 

 

例えば本の中に、

『100』の情報が詰め込まれているのであれば、

 

 

 

『100』をメモするよりも、

『1』実践した方が遥かに効果的です。

 

 

 

 

 

本からの学びは、

 

 

 

 

『実践ベース』

 

 

 

で得ることによって、

現実を変える大きなヒントとなり得るんです。

 

 

 

 

 

自己啓発本依存症から抜け出すために』

 

『事故啓発本で事故を起こさないために』

 

 

①最小単位の行動を積み重ねる

②実践ベースで考える

 

 

 

 

 

 

ことを意識してみてください。

きっと少しずつ現実が変わっていきますよ(^^)

 

 

 

より詳しいことを知りたい方は、

こちらから無料メルマガ登録をして下さい(^^)

 

 

⇒  【宇宙の逆転】~Turn over universe~

 

 

 

 

あなたの中の『常識』が覆ります。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます(^^)

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善の為に使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用に関しては「ポリシーと規約」をご覧下さい。  ポリシーと規約